200万冊以上が読み放題!「Kindle Unlimited」はこちら >

ミラーレスで「写ルンです化」してみた|GIZUMON Utulens/Wtulens

lens

皆さん、こんにちは!

今回は、FUJIFILMのミラレースカメラを「写ルンです化」してみた話をしようと思います。

写ルンですを使っていたのはもう20年以上も前になります。携帯電話文化が浸透してからは、なかなか使う購入する機会もなかったですからね。

以前はカメラなんて全く興味がなかったから、カメラ本体を持っているわけでもなく、「写真をとらないと」と必要なタイミングになったときに「写ルンです」を購入してました。

いつものようにAmazonでFUJIFILMのレンズを物色していると、写レンズなる「Utulens」を発見。どうやら昔の写ルンですのレンズ部分を使用しているとのことで、いくつか種類があって一番薄いタイプの「Wtulens L」さっそくポチっと

 

写レンズはどんな写真が撮れるのか?

写レンズの実力を試しに湘南・江の島方面ににスナップに出かけてみました。

写レンズとは

「写ルンです」のレンズを2枚使ったミラーレスカメラ用のレンズ

35㎜換算で17㎜の広角レンズです。APS-Cセンサーサイズのカメラではおおよそ28㎜。フルサイズカメラではちょっと広すぎますが、APS-Cではちょうどいいスナップ用レンズになりそうですね。

絞りが固定でF16 であり、正直暗いレンズです。室内や夜の撮影には正直向かないと思いますが、日中帯の屋外であれば、十分撮影できます。

重さがなんと46g、厚さが15㎜と圧倒的な薄さですね。まさに

究極のパンケーキレンズ

各マウント(マイクロフォーサーズ、Eマウント、フジフィルムXマウント、EOS M,Rマウント、ニコン1,Zマウント)のラインナップが用意されています。

写レンズのラインナップ

GIZUMONさんから出されているレンズでは「Utulens」と「Wtulens」があります。

一番は焦点距離の違い。

Utulens → 32㎜ (APS-C:約48㎜相当)

Wtulens → 17㎜ (APS-C:約28㎜相当)

Wtulensの中にも「Wtulens L」というのがあり、こちらはは通常のものよりさらに薄型。なんと5㎜。スナップシュータ化したいのであれば、画角、薄さを考えると一番おススメなのは

「Wtulens L」ですね。自分はまずこちらを購入しました。

開封するとこんな感じ

筒状の紙質の入れ物に入ってきます。箱、説明書、レンズ本体、マウントアダプター、ポーチが収納されていました。

レンズユニットをマウントアダプターにねじ込みでくっつけます。

見てください!この薄さ。究極のパンケーキレンズです。

究極の組み合わせX-E3 X Wtulens L

黒のボディにばっちり似合います。

 

厚さ5㎜なのでほぼ出っ張りがありません。

デジタル写ルンですはこう使う!

▼扱いはマニュアルレンズ!

マニュアルレンズなので「レンズ無しレリーズ」を「ON」にする必要があります。オールドレンズなどを使う場合と同じですね。

▼絞りがF16固定

絞りが変更できません。かなーり暗いので曇りの日や夜は苦手です。ISOオートで撮ると、ノイズががんがん入ってきます。

▼フォーカスが固定

ピント合わせが出来ません。最初からパンフォーカスです。

ということは

「余計なことは何も考えず」シャッターを切るだけです。これぞ最強のスナップシューターですね。

最後に

半分レンズキャップのつもりで手に入れたのに、いまやメインレンズとなっています。ちょっと絞りやフォーカスに縛りがあるけど、それが逆にいい。これから必ずカメラバックに忍ばせておくことになりそうです。

ちょっとだけ+α

カメラの情報をゲットするなら、毎月出ているカメラ関連の雑誌がうまく情報が整理されていて読みやすいですね。 月額980円の「Kindle Unlimited」なら過去版も含めてかなりの号数が読み放題です。   【デジタルカメラマガジン】 デジタルカメラマガジン 2019年5月号[雑誌]   【CAPA】CAPA 2019年5月号 [雑誌] まずは無料体験で1年前くらいのものからかたっぱしに読んでみましょう。最新のカメラ情報に強くなれますよ~!   あと写真集、カメラの解説本もたくさんあります。 カメラはじめます!     Kindle Unlimitedの詳細はこちら    
lens
T9をフォローする
finderks.com