VoightLander(フォクトレンダー) COLOR SKOPAR 21mm F4P|X-E3 最強スナップシューター化

みなさん、こんにちは
久々の投稿になります。本業が忙しくてなかなか更新で来ていませんでした。
さてさて、そうは言いつつもカメラ好きとしては、週末は写真を撮りに出かけているわけで、大活躍してくれたのが、FUJIFILM X-E3と、フォクトレンダー COLOR SKOPAR 21mm F4Pのコンビ。
映りの品質が特別すごいというわけではないですが、フォクトレンダーのレンズは何ともカッコいいので、付けているだけで特別感があります。
今回は、約半年以上使い倒した、

フォクトレンダー(VoightLander) 単焦点レンズ COLOR SKOPAR 21mm F4P

をレビューしていきますね。
目次

フォクトレンダー(VoightLander) 単焦点レンズ COLOR SKOPAR 21mm F4P

VoightLander 単焦点広角レンズ COLOR SKOPAR 21mm F4 P 131026
対応マウント VMマウント
フォーカス マニュアルフォーカス
焦点距離 21mm
絞り F4~F22
レンズ構成 6群8枚
絞り羽根枚数 10 枚
最短撮影距離 0.5m
最大径×長さ φ55.0×25.4mm
フィルターサイズ φ39mm
重量 136g
重量は136gと軽量で、非常にコンパクトです。スナップ用のレンズとしては、パンケーキとまではいかないまでも、かなり小さい。
フルサイズで21㎜の広角レンズなので、フルサイズのカメラで使えば超広角の撮影が可能です。自分はAPS-Cカメラとセットで使っているので、大体30㎜位の画角。
広角スナップ用の画角としては、X100VやX100Fに代表されるようなフルサイズ換算35mmか、GRに代表されるような28mmかどちらかが多いと思いますが、その間に属する画角なので、スナップ用としては最適ですね。
マウントアダプターを介して使えば、主要などのメーカーでも取り付けてつけることができるので、ライカマウントが便利。
気を付ける点としては、開放F値がF4と暗めなので、手持ちの夜景スナップはしんどいですけど、三脚を使うということで割り切りましょう!

フォクトレンダー COLOR SKOPAR 21mm F4P レンズ外観

レンズ単体での外観

まずはレンズ単体から。キャップやフードがついた状態でもかなりコンパクト。「VoightLander」とうロゴが斜体の横文字で表示されています。どうしてこの文字がフォクトレンダーと読めるのかはよくわかりません。。。

レンズキャップと絞りリングの間についているのはフードなのだけど、かなり小さいというか、これでフード効果があるのか心配になるくらい。

同じフォクトレンダーの「NOKTON classic 40mm F1.4」と比較してみると、レンズ自体は少しこぶり。フードの大きさは全然違います。NOKTON classic 40mm F1.4のフードは別売りでかなり高かったのだけど、COLOR SKOPAR 21mm F4Pはもともとついていたのでちょっとお得感ありです。

FUJIFILM X-E3との組み合わせ

FUJIFILM X-E3のボディにつけてみると、なかなかのスマートさ。X-E2自体がコンパクトなので、スナップ用の組み合わせとしてはかなり最適なコンビじゃないかと。
▼ここからいくつか角度を変えて撮影を
※カメラの撮影はRICOH GRⅢを使用してます。
[amazon asin=”B07P2FD1BD” kw=”RICOH GR III デジタルカメラ”]

フォクトレンダー COLOR SKOPAR 21mm F4P作例

場所はいつものみなとみらい。大さん橋~赤レンガ倉庫のあたりを首にX-E3をぶら下げてお散歩感覚でスナップ。

装着するためのマウントアダプター

COLOR SKOPAR 21mm F4Pは、FUJIFILMのミラーレスで使用するためには、マウントアダプター経由で接続する必要があります。
自分が使っているのはコレ↓
[amazon asin=”B01MYYUB5O” kw=”K&F Concept レンズマウントアダプター KF-LMX (ライカMマウントレンズ → 富士フィルムXマウント変換)”]
とにかく寄れないレンズなので、お料理や、物撮りには弱い。必要ならヘリコイド付きアダプターの方がよいと思います。
[amazon asin=”B076WZ7XSY” kw=”SHOTEN マウントアダプター LM-FX M (S) (ライカMマウントレンズ → 富士フィルムXマウント変換)ヘリコイド付き (シルバー)”]

まとめ

最近は風景的なスナップ写真が多いです。となるとオートフォーカスでピントを合わせて撮影するというプロセス自体がなんとなくまどろっこしく感じたりします。

このレンズもマニュアルレンズなので、丁寧に手でフォーカスを合わすか、それとも最初からピントリングをパンフォーカスになるように合わせておいて、パシャパシャとるかどちらかになりますが、最近はそのスタイルが心地いいです。

COLOR SKOPAR 21mm F4P

割り切ってしまえば、ボディは新しいものでなくても、5万円以内で買えるような中古のX-E2やX-Pro1などでも十分。
軽さを優先するのならX-Eシリーズの方がおすすめ。
VoightLander 単焦点広角レンズ COLOR SKOPAR 21mm F4 P 131026
[amazon asin=”B000TDTRCU” kw=”VoightLander 単焦点広角レンズ COLOR SKOPAR 21mm F4 P 131026″]
[amazon asin=”B08TRLLSZV” kw=”富士フイルム ミラーレスデジタルカメラ X-E4 ボディ シルバー F X-E4-S”]

カメラ雑誌で写真が上手くなる!

月額980円の「Kindle Unlimited」なら過去版も含めてかなりの号数が読み放題です。  
【デジタルカメラマガジン】 デジタルカメラマガジン 2021年12月号[雑誌]  
【フォトテクニック】 フォトテクニックデジタル 2021年 8月号 [雑誌]   まずは無料体験で1年前くらいのものからかたっぱしに読んでみましょう。最新のカメラ情報に強くなれますよ~! あと写真集、カメラの解説本もたくさんあります。
物語と画作りで人を魅了する 最高の一枚を写し出す写真術 こんな写真が撮れるのか!シリーズ   Kindle Unlimitedの詳細はこちら    
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

週末フォトグラファー&ブロガー
写真、カメラなどに関する情報をブログ「finderks.com」と共にお届け。皆さんにファインダーを通した感動と癒しを共有していきます。

CANON→SONY→FUJIFILMとカメラのメインシステムを渡り歩いてます。

目次