江ノ島 を年末に散策「Sony Cybershot DSC-RX100」にて撮影

スポンサーリンク
Camera

年末30日にふと思い立って、SONYのコンデジ「CyberShot DSC-RX100」と共に江の島の方にドライブがてら行ってきました。だいたい4時間ほどかけて、途中で喫茶店でまったりもしながら島を回ってきました。

全くの無計画で写真スポットを予習しておらず。。。。他にもいろいろ素敵な場所があるのに。家に帰って調べたら撮り漏れた名所が。。。また今度リベンジいたします!

スポンサーリンク

車から降りて駐車場のそばから

まずは江の島に渡った橋「江の島弁天橋」を振り返って。

駐車場そばの公園になぜかわからないけど、絵になる自転車が。

スポンサーリンク

少し上るとお花畑が

黄色と紫の花が沢山植えられていて、RX100の接写機能を試す。ボケ感もいい感じに出ていると思います。

こちらは紫です。

スポンサーリンク

小さな船が並ぶ

階段をどんどん上っていくと、木の合間からきれいな海が一面に。手前には小さな船が並んでいます。木の葉の境界が丁度、斜めに平行でバランスをとってくれました。

スポンサーリンク

江の島シーキャンドル(昼間)

昼間のキャンドルは普通です。。夜になるとライトアップされて綺麗でした。

スポンサーリンク

太陽が海を照らす

太陽の光が海の中央に綺麗に入っていたので撮ってみました。

海の岸壁ですよね!

もう一つお花!

夕暮れ前の稚児ヶ淵

夕暮れ前に夕焼けを撮ろうとする人たちが、だんだん集まってきてます。

時間があったので、波をシャッタースピードを上げて取ってみました。

スポンサーリンク

江の島サイダー

近くの茶屋まで一旦戻って、「江の島サイダー」をぐぃっと。普通のサイダーよりちょっと甘い感じでしたね。

夕暮れ時の稚児ヶ淵

 

波打ち際のところにカメラを持った人がたくさん集まってました。雲に挟まれた太陽がまたいい感じです。

釣り師が何人かいましたね。これからちょーどお魚が釣れる時間帯でしょうか。太陽が沈んでもうっすらオレンジが残っています。

スポンサーリンク

江の島シーキャンドル(夜)

あたりが暗くなると展望台が綺麗にライトアップされていました。そのあと近くまで行ったので、展望台に上ろうと思ったのですが、案内係の人が50分待ちとか大きな声で話していたので、あきらめてしまいました。ということで展望台からの写真はありません。

スポンサーリンク

帰り際のお土産屋さんスナップ

暗くなってみんなお帰りモードで、お土産屋さんが活気づいています。

 

「江ノ島はろうきてぃ茶寮」って、茶屋じゃなくて茶寮なんですね。何がちがうのだろうか。

スポンサーリンク

最後に対岸の夜景を

マンフロットのミニ三脚、持って行ったのに手持ちで撮影。大きくするとブレブレになっていましたね。

デジカメのミニ三脚はmanfrotteの『PIXI』で決まり!
写真を綺麗に撮るなら三脚があった方が、位置的な微調整はしやすいし、夜景ならテブレ防止になりまよね。 ですが、一番の問題は大きくて重いこと!自分が持っているMactrem社のコンパクト三脚でさえ、3kg、47cmもあるので、到底、仕事...

RAW現像ソフトで見ると、RX100で撮った写真、細部までくっきり撮れていました。ちょっと自分の持っている一眼(EOS8000D)より上かもなんて思ってしまう写真もありました。

さすが名機ですね。一眼とは別にサクサク取れちゃう楽しさがあります。江ノ島はもうちょい温かくなったらリベンジしたいですね。

 

ちょっとだけ+α

カメラの情報をゲットするなら、毎月出ているカメラ関連の雑誌がうまく情報が整理されていて読みやすいですね。 月額980円の「Kindle Unlimited」なら過去版も含めてかなりの号数が読み放題です。 【デジタルカメラマガジン】 デジタルカメラマガジン 2019年5月号[雑誌]   【CAPA】CAPA 2019年5月号 [雑誌] まずは無料体験で1年前くらいのものからかたっぱしに読んでみましょう。最新のカメラ情報に強くなれますよ~!   あと写真集、カメラの解説本もたくさんあります。 カメラはじめます!        
Camera
スポンサーリンク
hayatoをフォローする
finderks.com