月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」はこちら >

フィルムシミュレーション「アクロス(ACROS)」を使ってモノクロ写真にハマる!|FUJIFILMミラーレスカメラ向け

スポンサーリンク
Camera
曇りの時の写真、冴えない写真、どうもいまいち!とカラー写真としてはそう見えても、モノクロにすると、意外とイケる写真に変わったりします。
そんなわけで元々写真の腕があるわけでもないので、凡庸な写真ばかりを撮って、ちょっと味付けでモノクロにしてみる。なんてことをやってしまうわけですね。
本来ならモノクロで撮ろう!と決めて、モノクロ写真としての出来上がりをイメージしたうえで写真を撮るのが王道だと思いますが、カラーでいい写真を撮りたいという欲もあってか、最初からモノクロ設定で撮ろうという気がなかなか起こりません。
最初からモノクロモードで撮るのか、あとで現像時にモノクロ化するのかは、自分しかわからないのであって、見る側からすれば、そんなのはどっちだっていいのかもしれませんが。
どのカメラメーカーにも、JPEGでモノクロ化する機能はあるかとは思いますが、現在、自分のメインになっているFUJIFILMのミラーレスのモノクロ機能をベースに書いていきます。
スポンサーリンク

モノクロのフィルムシミュレーションは?

FUJIFILIMのミラーレスを購入するときには、「フィルムシミュレーション機能」を使ってみたくて、購入した方も多いでしょう。富士フィルムの代表的なフィルムの名前をつけた、「PROVIA」「Velvia」など、十数種類のシミュレーション機能を搭載しています。自分は彩度薄めの古めかしくうつる「クラシッククローム」ばかり使ってますが。
 さてカラーはいくつも種類がありますが、モノクロのシミュレーションは2種類ありますね。
 ・モノクロ
 ・アクロス(ACROS)
古い機種だとACROSは搭載されていないものもあります。
ACROSは「従来のモノクロとは一線を画す滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現でのモノクロ写真表現が可能
ということで、かなり期待できそうなことが書いてあります。
スポンサーリンク

実際の撮影サンプル

では実際のカラー画像(PROVIA/スタンダード)と比較して行きましょう。モノクロは、「モノクロ」と「ACROS」を適用していきます。

サンプル1

★PROVIA/スタンダード
★モノクロ
★アクロス(ACROS)

サンプル2

★PROVIA/スタンダード
★モノクロ
★アクロス(ACROS)
スポンサーリンク

Adobe Lightroomでのフィルムシミュレーションの適用

RAWで撮っておけば、あとでLightroomでフィルムシミュレーションを適用することが出来ます。
(※FUJIFILMの公式ページに記載されています)
まずはオリジナル画像はコレ↓
手順は下記の通りです。
1.現像したいRAWファイルを選択し、現像画面の「プロファイル」を選択します。
(※JPEGではプロファイル選択においてフィルムシムレーションが表示されません)
2.「参照」ー「カメラマッチング」でセットしたいプロファイルを選択します。
(今回のケースではACROSを選択)
フィルムシミュレーションアクロスを適用したのがコレ↓
このままだとカメラ内RAW現像とあまり変わらないと思うので、少し味付けします。
コントラストを上げて、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベルを調整していきます。
周辺減光を落として、粒子を加えていくとさらに雰囲気のある絵に↓
比較しやすいようもう一度ACROSだけを適用したものを掲載します↓
スポンサーリンク

まとめ

モノクロのモードで撮影したり、Lightroomでモノクロ化したりしていくと、普通にカラーで撮った感じより、情報量が少ないせいもあるのか写真に雰囲気が出てきます。それで結構はまってしまうんですよね。一時期、モノクロばかり撮っていた時期がありました。
フィルムシミュレーションなどで、モノクロ、ACROSを選んでおけば、撮る時点でモニター画面で確認することができるので、雰囲気感も確認しながら撮影することが出来ます。
もちろん、そのままフィルムシミュレーションの撮って出しJPEGで楽しむのもいいですが、作品として残していくには、RAWで撮っておいて、モノクロ化も含め細かな調整、仕上げをしていくのが良いかと思います。
皆さん、モノクロライフをぜひお楽しみくださいね!

ちょっとだけ+α

カメラの情報をゲットするなら、毎月出ているカメラ関連の雑誌がうまく情報が整理されていて読みやすいですね。 月額980円の「Kindle Unlimited」なら過去版も含めてかなりの号数が読み放題です。   【デジタルカメラマガジン】 デジタルカメラマガジン 2019年5月号[雑誌]   【CAPA】CAPA 2019年5月号 [雑誌] まずは無料体験で1年前くらいのものからかたっぱしに読んでみましょう。最新のカメラ情報に強くなれますよ~!   あと写真集、カメラの解説本もたくさんあります。 カメラはじめます!     Kindle Unlimitedの詳細はこちら    
Camera Photo
スポンサーリンク
T9をフォローする
finderks.com