キャノン単焦点パンケーキレンズ『EF-S24mm F2.8 STM』実写レビュー

Camera
 
以前の記事でご紹介したおススメ単焦点レンズ 
脱初心者のためのおススメ『単焦点レンズ』をご紹介!
一眼レフやミラーレスカメラを手に入れて、いろいろ写真を撮ってくると、購入時についてきたキットレンズからステップアップしたい、写真投稿サイトにあるようなボケの効いた写真をうまくとりたいとかいろいろ欲がでてきますよね。写真はカメラ(ボディ)を...
皆さんが購入される際の少しでも参考になれば嬉しいです。

EF-S24mm F2.8 STMのスペック

 Canonの標準的なズームレンズ『EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM』と比較しています。
 
製品名 EF-S24mm F2.8 STM EF-S18-55mm
F3.5-5.6 IS STM
レンズ構成 5群6枚 11群 13枚
絞り羽根枚数 7枚 7枚
最小絞り 22 22~38
開放F値 F2.8 F3.5-5.6
最短撮影距離 0.16m 0.25m
最大撮影倍率 0.27倍 0.36倍(55mm時)
フィルター径 52mm 58mm
最大径×長さ φ68.2×22.8mm φ69mm×75.2mm
質量 約125g 約205g
 
開放F値は2.8ですので、標準ズームレンズの方と比べて、開放F値を比べると、1ランク明るい感じですね。1.8のようにボケがきつすぎず、丁度良い感じにボケてくれます。
 
このレンズの大きなメリットは、なんといっても約2cm(22.3mm)程度の薄さと、125gという圧倒的にな軽さです。 

EF-S24mm F2.8 STM本体を撮りました

まずは単体写真で

まずは真上からの写真

 
500円玉と並べてみました。
 
キャップを開けると、レンズ領域が1cm位であとは黒のカバーに覆われています。
 
リアキャップの上に乗っけると、長さがキャップよりちょっと長いくらいの感じですね。約2cmくらいなので非常に薄いです。
 
手の平サイズで、持っても他のレンズのようにズシッとくる感じはありません。

実際に付けてみました

EOS8000Dに装着した写真です。まずは正面から
 
 
上から移すとさすがにパンケーキレンズ、ほとんどレンズの出っ張りがありません。
 
斜めから撮影。なかなかコンパクトですね。
 

ボケ感を検証 

ボケ具合テスト写真

以前の記事『EF50mm F1.8 STM』実写レビューもご紹介したボケ具合テストです。
 
机の上にミニコーヒーカップを2つ置いて、前後、15cmほど離して、ピントは前のカップの「R」の文字に合わせて撮影しています。

F2.8で撮影


奥のカップの文字はほとんどわかりません。

F4.0で撮影

 文字がなんとなく分かるレベル。

F5.6で撮影

文字が大分はっきりしてきましたね。「K」という文字がわかります。

F8.0で撮影

「K」の文字がくっきりしてきました。

F11で撮影

下の小さな文字まではっきりしてきましたね。

改めてF2.8とF11を比較

 
上段がF2.8、下段がF11です。開放値F2.8で撮影すればしっかりボケが効いてくれますね。 
 

EF-S24mm F2.8 STMの実際の撮影写真 

公園にて(@横浜のとある公園)


スナップ写真(@川崎駅付近) 



朝の風景(@みなとみらい)

 
 
 
 
 

EF-S24mm F2.8 STMを使ってみて 

パンケーキレンズと呼ぶだけに軽量で非常に薄いレンズなので、一眼レフに着けても、手持ちカバンにサクッと入ります。画角的にもやや広めなので、スナップ写真を撮るには非常に使いやすいと思います。
 僕はスタートの単焦点レンズとして「EF50mm F1.8 STM」、「EF-S24mm F2.8 STM」の二つを買いましたが、下記のように使い分けてます。
 
スナップ写真、風景写真 ・・「EF-S24mm F2.8 STM」
ポートレート写真    ・・「EF50mm F1.8 STM」
 
両方揃えれば、ズームレンズが要らないかもしれませんね。望遠はカバーできないので必要ですが。