早起きは3文の得?いやいやもっとすごいメリットがあるでしょ!

目覚まし時計 lifehack
目覚まし時計昔から「早起きは3文の得」って良く聞く言葉で、なんとなく「早起きって良いこと!」というイメージはあるのですが、3文だけ?ちょっと少なくない?と思ってました。
 
3文は今の貨幣価値でおおよそ100円ぐらいだそうで、100円しか得ににならないのなら、ちょっと早く起きようというモチベーションがわかないのですよね!
早起きは3両の得」だったら、だれしも早起きしよう!って思うでしょう(笑)
 
実際のところ、お得度合い、つまりメリットはどのレベルなのでしょうか?
 
ということで、早起きのメリット10個、さらに大胆な金額換算をしてみました!
※金額換算は僕の主観が思い切り入っているので、皆さん自身の感覚で置き換えてみてください。この時間をメリットを手に入れるのにいくら払えるのか?という観点で記載してます。

早起きの10個のメリットと大胆な金額換算!

1.能率の良い時間を手に入れることができる 

いままで毎日7:00に起きていた人が、5時に起きれば2時間、4時に起きれば3時間の時間ができます。3時間というと仕事の午前中一杯と同じレベル、つまり半日レベルの時間ができてしまうわけです。
 
そうなれば、かなりまとまった時間ができますよね。その分、早く会社に行けば、仕事の午前中分を終わらせることができるし、勉強などの自己投資ならば、相当な量の時間が確保できるわけです。
 
 しかもガヤガヤした時間ではなく、静かで邪魔の入らない集中できる時間が手に入るので、かなり能率のいい時間を過ごせると思います。朝の時間は夜の時間の生産性の6倍という説も。まあそこまではいかないにしろ、僕自身の実感としては、静かな環境かつ、何時までに出社しないといけないというリミットがある時間なので、能率性は50%ぐらいは増している感覚です。
 
★メリット換算 質の良い時間2時間 2000円

2.仕事が進む

朝1,2時間早く会社に行けば、人より早く仕事がスタートできます。しかも周りの会話もなく、声もかけられることもない、電話もかかってこない静かな環境で黙々と集中して仕事ができますから、能率は倍近く上がるのではないでしょうか。
 
 もし夜に2時間残業しているのなら、朝1時間、早く会社に来て仕事を済ましてしまうのも手でしょう。そうなれば夜はノー残業でサクッと帰れますね。
 
★メリット換算 仕事が早く進む 1000円

3.家族との会話が増える

夜は深夜まで仕事、または夜遅くまで飲んで家に帰ったら誰も起きていない。朝は、ギリギリまで寝ているから誰ともほとんど話さない。なんて方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。自分も数年前はそんな感じでしたし。家族とのまともな会話は土、日ぐらいでした。
 
早起きすれば朝、家族と会話を楽しみながら、ゆっくりと朝食をとったり、声をかけたりできるので、会話が増えてきます。
 
★メリット換算 家族との会話 1000円

4.満員電車から解放される

特に大都市圏に住んでいらっしゃる方は、通勤電車の恐ろしい込み込み具合の中、電車に乗ってらっしゃる方も多いでしょう。特に7時~8時は激込みですよね。でも朝、5時台の電車に乗れば、座って快適に会社に行けるはずです。
 
また、通勤快速で通ってる方は、早起きして普通電車に乗っても間に合う時間に家を出れば、普通電車は大概空いてますから、座っていける可能性もたかいです。毎日のように苦しめられている満員電車も早起きで解放されます。
 
★メリット換算 満員電車から解放 500円

5.身だしなみが良くなり好印象に

特に出社時間ぎりぎりまで寝ていると、ゆっくり身だしなみを整える時間なんてありません。髪の毛を十分にセットせずに家を出ることになったり、スーツやネクタイなども適当に選んでちぐはぐな感じになってしまったりすることはよくあることです。
 
早起きすることで充分な時間があれば、今日はどう好印象に見せようか、ということを考えながら髪の毛をセットしたり、服を選んだりできるので、普段より好印象に見せることができます。
 
また、そんな風に考えながら身だしなみを整えていると、自分のテンションが上がってきて、仕事にに対するモチベーションの向上にもつながります。
 
★メリット換算 身だしなみ効果 200円

6.寝つきが良くなり睡眠の質が向上

毎朝5時ごろに起きてると、自然と夜22:00頃になると眠さが襲ってきます。なかなか夜更かしできる感じではありません。
 
お布団に入っても、寝付けないなんてことがあまりなく、すっと睡眠に入って深く質の良い睡眠に入ってくれます。
 
★メリット換算 良質な睡眠 200円

7.美肌効果

睡眠不足や生活の不規則でお肌が荒れるってよく聞きますよね。お肌のターンオーバー(お肌の細胞が生まれ変わる仕組み)は約28日周期で行われていますが、不規則な睡眠をとっていると成長ホルモンが十分に分泌されず、ターンオーバーが遅くなってしまいます。
 
早寝早起きによる規則正しく質の良い睡眠を手に入れることによって、より多くの成長ホルモンが分泌され、ターンオーバー機能が促進されます。結果、美肌につながっていきます。
 
★メリット換算 美肌効果 200円 
(僕は男性だから少ないですけど、女性の方だともっと金額が高いと思います)

8.自信がつく

自分を律して早起きし、みんなが寝ている間に、自己投資したり、仕事をしたりすることで、他のみんなより先に進んでいる気分になれます。そうすると昼間全体の活動にも、前向きに自信をもって取り組めるようになっていきます。
 
★メリット換算 自信がつく 200円

9.快便になる

朝の時間でゆっくり朝食を食べたり、水をのんだりすることで、腸が活発に動き出し、朝一のお通じに繋がりやすくなります。あと、ゆっくり排便の時間が取れるので、通勤中、特に電車の中でおなかが痛くなって苦しい思いをするようなことが減ります。
 
★メリット換算 快便 100円

10.ダイエット効果

カロリー消費の大半を占める基礎代謝ですが、日中帯が高く、夜になると低下していく傾向にあります。早起きして基礎代謝の高い時間帯の活動量を多くすることで、一日のカロリー消費量を増やすことができます。
 
また、朝にジョギングやお散歩、筋トレなどを取り入れることで更に脂肪燃料効果は倍増。
なかなかダイエットできなかった人も、早起きするだけでその効果を実感できるはず。
 
★メリット換算 ダイエット効果 100円

まとめ

 早起きのメリットを10個挙げ、大胆なメリット換算してみたところ合計5500円。三文:約100円くらい。ではないのです。早起きは僕の場合、165文のお得!
 
毎日のことなので月換算すると、
 
 4800x30=165,000円 月換算
       1,980,000円 年換算 
       約9900万     50年
 
という結果になりました。50年も続けると一億円近くになっちゃいますね。
 
これを見ると早起きしないのはあり得ないです(笑)
 
あなたも是非、メリットを挙げて金額換算してみてください。それが早起きの継続モチベーションにつながります~!