VRゴーグル『HOMiDO mini』が超おすすめ!圧倒的な使いやすさ!

スポンサーリンク
VR
もともとヘッドマウント型のゴーグルを使ってたのですが、そんなに長くVR動画を見る時間がないのでサクッと使えるタイプのものを探してました。
VRゴーグルって結構大きくて、スマホをはめたりコントローラーのBluetoothの設定をしたりするので、見るのにひと手間かかるんですよね。
 
で、買ってみたのがコレ↓
HOMiDO Mini VR グラス 4-6インチ対応 スマホに取付けるだけ ポケットサイズ、軽量、折りたたみ式
 
 
頭に被るゴーグルタイプではなく、スマホを手に持ってみるタイプ。『VRグラス』と呼ばれるタイプです。
スポンサーリンク

HOMiDO Mini VRグラスの特徴

圧倒的にコンパクトサイズ

 
ただでさえ小さいのに、真ん中を折ってさらにコンパクトにすることができます。
この大きさであれば胸ポケットにだってしまうことができますね!
 
 
コンパクトに薄い感じで収まります。
 
小さな専用ポーチが付いています。
  
この大きさだと、いつも持ち歩いて、VR動画の素晴らしさを友人たちにサクッと伝えることができます。

スマホを操作しやすい

 

 
ヘッドマウントのゴーグルだと、基本は動画の操作や音量上げたりなどは、一旦、ゴーグル前面の部分を開いて操作する必要があります。
 
また、コントローラーがあれば開けなくとも操作できますが、指での操作にはやっぱり敵いません。特に配信サイトを変えて見たりする場合は、ブラウザの操作は凄く快適です。
↓隙間もしっかりあるので手での操作は非常に楽です。

視野角が広い

 
オリジナルレンズにより、VR動画を見たときの視野が格段に広いのが特徴。通常のVRゴーグルに比べて広く体感できます。実際に100円均一で買った眼鏡型のものと比べたら、かなり映像が広がった気分で見えました。
スポンサーリンク

デメリット

焦点距離等の調整ができない

 
最近のヘッドマウント型のものは、焦点距離、瞳孔距離の調整ができるものが多く、それでより快適に見えるようカスタマイズできるのですが、この小ささなので、同然、固定となり調節機能がありません。

壊しやすい

 
壊れやすいではなくて、壊しやすいです
小さいのでその辺に片付けず置いておくと、自分が踏んだり、家族に踏まれたりする可能性があります。
これは自分に経験アリです(笑)
 
きちんも保管しておけばそんな問題もないでしよう。
スポンサーリンク

まとめ

 
いくつかVRゴーグルを持っていますが、サクッと使える感じが素晴らしく、利用頻度は一番高いです。ちょっと気になった動画を「どんな感じのVR動画かな?」と、すぐ試せる感じがいいですね。
もともとサブ機のつもりで買ったのが、すっかりメイン機となってます。
 
 
画質を妥協できるのであれば、100円均一でも似たようなものがあります。まずは体験ということであれば、こちらでも良いでしょう。参考記事↓↓
VRゴーグルが100円均一に!格安価格でVR映像を楽しめます!
VR元年と言われた2016年から二年が経ちましたが、VR映像の素晴らしさを体感しましたでしょうか?まだ試してない方は、是非!正直見たらびびります(笑)!VR動画を見るために必要なものは、スマホとVRゴーグルの2つ、まあ皆さんスマホは持た...

本格的に探すならこちらの記事もご参考に。参考記事↓↓

https://finderks.com/vrgoggles-highcospa/

VR
スポンサーリンク
hayatoをフォローする
finderks.com