月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」はこちら >

無料WordPressテーマは『Cocoon』がおすすめ!乗り換えちゃいました!

スポンサーリンク
WordPress
皆さん、こんにちは!しばらく記事の更新を停滞しておりましたが、ここで新たな気持ちで継続すべく本サイトのWordpressテーマを『Cocoon』に変更することにしました。
 
よく見ているサイトが『JIN』や『SANGO』などの有料テーマを使っているので、そちらともかなり迷ったのですが、確実な決め手とはならず。
 
しばらく続けてテーマ探しをしていたところ、無料でも関連記事や人気記事がプラグイン無しで見せれることやgoogle Adsenceの設定がかなり柔軟な設定ができそうなので、思い切って変更しちゃいました。
 
一番最初に本サイトを立ち上げたときには『Simplicity』を使っていたので、結局、また同じ作者さん「わいひらさん」に戻ってきました。またお世話になります!
スポンサーリンク

Cocoonが優れているところ!

無料で利用できる

本サイト、まだ多くの収益を稼いでくれるところまでは成長していません。少しでも安い経費で運営できればと思っているのも事実。勿論、有料テーマを使えば、かゆいところに手が届いており、結果的に自分の労力は大幅削減できるという考えもあるとは思いますが。
 
 『Cocoon』ははっきり言って、そのかゆいところに手が届く『有料級』の機能をもった無料テーマだと思います。

見た目がシンプルで洗練されている!

以前の『Simplicity』と同様に見た目が非常にシンプルで、コテコテ感がありません。またスキンで簡単に雰囲気を変えることができます。
 
スキンは作者の方以外でも提供してくださっている方がいるので、そちらを利用するのもありですね。スキンは設定画面から、簡単に選択できますよ!
 

プラグインを減らせる

ブログであれこれやってみたいと思って、いつの間にか肥大化したプラグイン一覧。サイト自体が重くなりますし、更新のUPDATE通知も頻繁に来ますよね。
 
なんとかして『プラグインは減らしたい!』と、思うようになってきたところでしたが、Cocoonではテーマで機能が搭載されているものがいくつかあって、かなり減らせそうな感じ。
 
 Cocoonを利用することで削除できるプラグインは以下のようなものです。サイトを作りこんでいるのですぐ落とせないものもありますが。
 

【今回のテーマ変更で削除したもの】
AdSense Integration WP QUADS :記事の中に簡単にアドセンス広告を埋め込むことができるプラグイン
→Cocoonの設定で広告の表示位置の設定により、柔軟に埋め込みが可能。

WordPress Popular Posts:人気記事の表示をするプラグイン

→人気記事リストをサムネイルつきで表示するウィジェットを標準装備

Recent Posts Widget Extended:新着記事リストをサムネイルつきで表示するウィジェットプラグイン

→新着記事リストをサムネイルつきで表示するウィジェットを標準装備

WordPress Related Posts:関連記事を表示することができるプラグイン
→関連記事リストをサムネイルつきで表示するウィジェットを標準装備
 
人気記事、新着記事、関連記事のプラグインはそれぞれ設定も合わせる必要があるので、統一的に併用していくのもプラグインだと面倒なのですが、同一テーマですので、表示イメージも統一感があります。
今回のテーマ変更で他のものも含めて5つぐらい削除してしまいました。お陰で気分もスッキリ!
 
【今回のテーマ変更で削除できる可能性があるもの】
AmazonJS:Amazonの商品情報をブログに簡単に追加しjQueryテンプレートを使って表示
→Amazon商品リンクショートコードが使えます
Shortcodes Ultimate:デザインパーツを利用して記事を装飾できるWordPressプラグイン
※アフェリエイト用のボタン作成のために使用
→「囲みボタン」機能が使えます。
 
上記二つのプラグインは、記事中に埋め込んだものを一つ一つ変更していく必要があるので、時間があるときに変更していきたいと思ってます。

ノウハウが沢山ある

「Simplicity」の後継だけあって、利用されてるユーザ数もかなりいらっしゃるのでは。いろんなサイトに設定ノウハウ記事があるのに加えて、サイト内にフォーラムがあるので、作者だけではなく多くのユーザの方からの情報があります。
 
最初の設定の時には、特になんでうまく動かないのだろうと思って、検索すると大抵答えが転がっています。

パフォーマンスがいい

変更する際に、一番心配だったのはパフォーマンス。なんたって、前は爆速といわれている『Luxeritas』でしたから。サイトの設定にもよるんでしょうが、そんなにパフォーマンスが変わらなかったので、心配なく変えることができました。
 Googleの高速化(PageSpeed Insights)に最適化するように作りこまれているとのことです。
スポンサーリンク

Cocoonの導入方法

 
下記ページからダウンロードします。
テーマ本体はもちろん、子テーマもダウンロードします。テーマを有効化するのは、「子テーマ」の方ですよ。テーマがバージョンアップしても、設定情報を引き継ぎできますからね。
 
 
スポンサーリンク

実際に使ってみると?留意点など

主要な設定箇所が他のテーマとは違う

通常、テーマの設定は「外観」ー「カスタマイズ」から、実際のプレビュー画面を見て設定値を決めたりしていくのが普通ですが、Cocoonの場合は、「Cocoon設定」というメニューがあって、そこでほとんどの設定項目を決めていきます。
 
プレビュー画面もあるのですが、設定項目の上部にあって、実際に画面を見ながら設定変更というのはちょっとやりにくいかもしれません。
 
スポンサーリンク

まとめ

テーマを変えた当日に本記事を書いておりますが、気に入るデザインになったので、ちょっとテンションが上がってます。
 
サイトの雰囲気自体、気に入らないとなかなか記事を書こうという気持ちにはならないですからね。しばらく使い倒して、また良かった点など追記していきますね。