アマゾンが『prime reading』サービス開始。Kindle unlimitedとの違いは?

スポンサーリンク
prime reading Amazon

prime reading

アマゾンがプライム会員向けのサービスとして、新たに『prime reading』という名の本の読み放題サービスを始めました。プライム会員のサービスがどんどん増えていきますね。

読み放題サービスといえば、『kindle unlimied』がありますがプライム会員に入っていれば、必要なくなるのでは? 

ということが気になってしまい、早速、違いを調べてみました。

スポンサーリンク

『prime reading』とは

プライム会員向けのサービスなので、新たに追加料金が発生することなくプライム会員の会費(年会費3,900円、月会費400円)を支払っていれば、他のサービスと合わせて利用することができます。

好きなだけ読み放題
小説、ビジネス本、実用本、マンガ、雑誌、洋書など幅広いジャンルから楽しめる
お好きな端末で
Kindle端末だけでなく、お使いのスマートフォン、タブレット、PCでもご利用可能

 アマゾン「prime reading 紹介ページ」より

スポンサーリンク

『kindle unlimited』との違いは?

本の読み放題サービスといえば『kindle unlimited』、僕はこちらも利用しており、読書量が圧倒的に増えてしまうサービスです(笑)

prime readingとの違いを下記にまとめてみました。

  prime reading kindle unlimited
価格 プライム会員費に含む
年額3900
月額400
月額980
対象者 プライム会員限定 アマゾン会員なら
誰でもOK
タイトル数   kindle unlimitedの
タイトルの中から和書
洋書、合わせて数百冊
和書12万冊以上
洋書120万冊以上
ジャンル 本、マンガ、雑誌など   本、マンガ、雑誌など  

参考:アマゾン「prime reading」紹介ページより

prime readingはプライム会員であれば特に追加料金なくサービスを受けることができます。

タイトル数はkindle unlimitedの方が100倍以上のボリュームになっているので本格的な読み放題サービスを受けるにはこちらの方がいいですね。

prime readingのタイトルの数は898件でした(2017/10/17)。数は1000件弱で少し変動していきそうですけどね。

スポンサーリンク

どんな本が読めるの?

prime readingの対象となっている本をよく見ると、「kindle unlimited」のマークが皆、付いています。付いていないものはざっと見る限り無さそうです。

よくよく紹介ページを見ると

Prime Readingの対象タイトルはすべてkindle unlimitedの対象タイトルです。

とのこと。

その中でも、「ベストセラー」となっているものや、有名どころが多いようですので、かなり厳選していると思われます。タイトル例をご紹介しますね。
※2017/10/17時点 入れ替えにより変動があるものと思われます。

雑誌 人気タイトル例

prime reading 雑誌

人気の雑誌からAERAや、DIMEなど。真ん中の二つは女性用っぽいですね。DIMEの最新号だけで元が取れちゃいます。雑誌自体は600円しちゃいますからね。

小説・評論のタイトル例

prime reading 小説・評論

ビジネス・経済 人気タイトル例

prime reading ビジネス

趣味・暮らし 人気タイトル例

prime reading 趣味・暮らし

コミック 人気タイトル例

prime reading コミック

絵本・児童書 人気タイトル例

prime reading 絵本・児童書

小さいお子様がいらっしゃる方は、ちょっと大きめのタブレットでお子さんに見せてもいいですね。

その他 人気タイトル例

prime reading その他 

文芸春秋なんて、自分で買って読む機会がなかなかない!

洋書 人気タイトル例

prime reading 洋書

洋書もラインナップ。英語学習にも役立ちそうです。

スポンサーリンク

まとめ

まずはPrime会員の方はそのまま利用できますので、ぜひ活用してみましょう。本の読み放題サービスがどんな使い勝手が良くわかると思います。

対象の本もkindle unlimitedから選ばれている人気本なので、お試し的な要素が強いかもしれません。使ってみて、もっと読み放題サービスを受けたいと思ったら、月額¥980円ですが『kindle unlimited』を体験してみましょう。