Kindle端末を比較!僕が『Kindle Paperwhite』を選んだ理由と使用レビュー

Kindle PaperWhiteを選んだ理由 Kindle

自分も昨年あたりから、本は「電子書籍」で!という感じで、ほとんど紙の本は買わなくなりました。最初はスマートフォンのKindleアプリで見ていたのですが、文字は小さいし、公園や電車の中で日差しが入って明るいときには非常に読みにくい

そこで思い切って電子書籍リーダー「Kindle」を購入しようと思い立ちました。

ですが種類が5種類もある。。。。どれにしようか悩みますよね~

かれこれ一週間ほど比較検討し悩んで出した結論は

Kindle Paperwhite

です。購入して数か月経ちますが大正解!でした。

皆様のご検討の一助になれば幸いということで、記事を書いていきます!

※購入して約1年、使用レビューを追記(2018/05/08)しました。
※Kindle端末の素晴らしい魅力(2018/07/08)を追加(他記事との統合)しました。

Kindle端末の素晴らしい魅力

とにかく持ち運びしやすくかさばらない

書籍を持っている姿

これまでは通勤中に読む可能性のある本をカバンにいくつも忍ばせてカバンがパンパンになってしまってました。当然、その分重くなるので肩こりも。。。
Kindle端末の場合は、数千冊もの本(一般的な書籍の場合)を格納できるので、読みたい本を沢山持ち歩く必要がありません。
どこにいてもポケット1つに収まるKindle端末に、部屋一杯の書棚を置いている感覚です。読みたいときに読みたい本を手に取ることができる感覚になれると、もう離せません。

明るい公園でも、日が差す電車の中でも快適に読める

スマホで画面を見るときって、暗いときには良く見えるのですが、明るいところ、特に太陽光では見ずらいことってありますよね。
特に朝の電車の中で、晴天の日差しが入ってくると、非常に見にくいです。ブラインドの近くの乗車客に「ブラインド閉めてくれますか?」なんて言う勇気ありません。。。。
普通の紙の本だと全然快適に読めますよね~!その感覚です。
紙のように読みやすいEインクで実現されています。

「しおり」がいらない

文庫本なんかを読んでると、ここまで読んだからしおりを挟んどこ!って思っても、そのしおりがないことってよくありますよね。仕方ないから読んだページの右上を折っとくかってなっちゃいます。当然、本に傷をつけることになるので、売るとき評価額が下がります!
Kindle端末だと、どこまで読んだのかをきちんと端末側で覚えてていてくれるので、次読むときは前回読んだところから表示されます。しかも、他の端末で読んだところも記憶されるので安心です。また自身で気になるページのしおりを挟んでおくこともできます。

英単語がその場で調べられる

Kinde端末辞書

これまで洋書なんてほとんど読んだことがありませんでした。英文は見てもWebページくらいです。なぜ洋書を読まないのか?
それは分からない単語に遭遇した時に、辞書で調べるのが面倒臭い!
からです。
Kindle端末ならわからない英単語をタップするだけで意味が表示されます。 この機能で洋書を読むハードルは各段に下がります。洋書が読めればインプットできる情報量は圧倒的に多くなります。
しかもそれだけではない!
調べた英単語は単語帳に登録され、「フラッシュカード機能」により英単語の勉強ができるのです。最終的には英単語を調べなくとも洋書を読めるようになる!ってところまで行けるといいですね。

本が通常価格より安く入手できる

印刷された本より価格が安いのでお得に購入することができます。しかも本のように劣化したりすることはあり得ません。
下記の例では単行本は3,024円に対し、Kindle版では2,722円と約300円、1割程度安く購入することができます。

電子書籍リーダKindleが適さないもの

すぐれもののKindle端末ですが、適さない場合ががいくつかあるので注意が必要です。

雑誌や絵がたくさん入ったマニュアル本

東京カレンダー 2018年 7月号 [雑誌]

雑誌も読むことはできますが、正直、字が小さすぎて読みずらいです。指で拡大もできますがちょっと面倒な感じですね。あとレイアウトが多彩で絵が沢山入ったマニュアル本などは非常に読みづらいです。

写真集

何気ない風景をダイナミックに変える 絶景写真術 こんな写真が撮れるのか!シリーズ

白黒しか表現できませんので写真集はかなり厳しいです。まあ写真を白黒にしたときに、ちょっとシックな感じで見えるので、別の見方はできるかもしれませんが。

雑誌や写真集にはタブレットを

自分は雑誌などもよく見るので、その場合はタブレットを使ってます。カラー表現できますし、Kinlde端末から比べると、画面サイズが大きいのでマニュアルも読めたりします。雑誌はさすがに拡大しながら見ないといけないですけどね。
Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

Kindle端末の5種類のラインナップを比較

Kindleは機能に応じて5種類あるのですが、安いほど機能が削られております(笑)なのでお財布と機能の充実度のバランスで考える必要があります。

    • Kindle
    • Kindle Paperwhite
    • Kindle Paperwhite マンガモデル
    • Kindle Voyag
    • Kindle Oasis

詳細なスペックはAmazonさんにお任せするとしてポイントだけ記載してみました。※価格は2017/10/14時点の情報です。

Kindle

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

基本中の基本モデルです。とにかく安くあげたい方はこれです。

一万円を切る値段で買えます。

但し、、、「内蔵ライト」がついておりません明るいところで読むんだったら問題ないですが、こっそり布団の中で読みたい!なんて思う人はこのモデルは外しましょう。

詳細スペックはこちら↓

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

おすすめモデルで、実際、僕が購入したのもこれです。

夜こっそり布団の中で本を読みたい方も内蔵ライト付きなのでOK。

また解像度がKindle比約1.8倍と、より鮮明になっています。

詳細スペックはこちら↓

Kindle Paperwhite マンガモデル

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

マンガを沢山いれても大丈夫なように、保存容量を格段に増やしたモデルです。

保存容量は

Kindle Paperwhite       8GB

Kinlde Paperwhite マンガモデル  32GB

と4倍に。「マンガなら約700冊、書籍なら数千冊保存」できるとのこと

金額が2000円高いだけなので、お財布があまり痛まないようでしたらこちらを選ぶのもよいでしょう。

自分はマンガモデルにするかしないかで一番迷ったのですが、それほどマンガを読むわけでもないので、普通のPaperwhiteにしました。

Kindle Unlimitedサービスを契約していて読み放題の本を読むことが多いのですが、同時に読める(端末に保存できる)のは10冊までで、そのあとは消さないと、別の本を読めないのです。なので、容量はそんなに増えることはなかったですね。

詳細スペックはこちら↓

Kindle Voyage

Kindle Voyage Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Voyageの前述のモデル(Paperwhite)に比べて優れている主な点は、

  • 内蔵LEDが6個(PaperWhiteは4個)
  • 環境に応じて明るさの自動調整をしてくれる
  • ページめくりボタン」が付いている

うーん、これでPaperwhiteと比べて9700円も高い。ちょっと選択肢には入りませんでした。

詳細スペックはこちら↓

Kindle Oasis

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasisの前述のモデル(Paperwhite)に比べて優れている主な点は、

  • 内蔵LEDが12個(Paperwhiteは4個)
  • 環境に応じて明るさの自動調整をしてくれる
  • ページめくりボタン」が付いている
  • Kindle初の防水仕様(IPX8等級)
  • ディスプレイサイズが7インチ

このモデルは保存容量が8GBタイプと32GBタイプと選べます。

Paperwhiteと比べて19700円も高い。値段的に圏外ゾーンですね。あと7インチはちょっと大きいように思いました。自分が持っているタブレットとあまり差別化できないので。

詳細スペックはこちら↓

まとめると

ざっくりとまとめて比較すると、下記のようになります。

種類 価格
2017/10/13現在
こんな人向け
Kindle
¥ 8,980 とにかく安く上げたい方
※内蔵ライトがないので夜は別にライト光が必要
Kindle Paperwhite
¥ 16,280 夜こっそり布団の中で本を読みたい方
↓ここからは解像度がKindle比約1.8倍
↓ここからは内蔵ライトあり
Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル
¥ 18,280 漫画を沢山本体に保存しておきたい方
※2.と比べると保存容量が8倍
(32GB)
Kindle Voyage
¥ 25,980 明るさを自動的に調整したい方
Kindle Oasis
¥ 35,980 お金にゆとりがある方

なぜ『Kindle Paperwhite』を選んだのか?

購入する段階で、飽き性の自分は本当に購入すべきか。もし購入するのならどれにするのがいいのか?とかなり悩みましたけど、結局「Kindle Paperwhite」を選んだのは、

電子書籍リーダは初めてなんだけど、宝の持ち腐れになっても痛い目に合わないよう安く上げたい

という理由です。そうなると、

★金額的な負担を抑えたい

→「Voyage」「Oasis」は高いので外す

★寝そべって暗いところでも読みたい。(電気をわざわざつけるのはいやだ!)

→「Kindle」の一番安いのは外す

★漫画はちょっとは読むがはまりたくない(笑)、というかそんなに漫画を読まないだろう

→「Paperwhite」のマンガモデルは外す

ということで、残ったのは「Kindle Paperwhite」です。

Kindle Paperwhite使用レビュー

一年近く使ってみて、よかった点(メリット)、悪かった点(デメリット)を挙げてみました。一部、前述の「Kindle端末の素晴らしい魅力」のところでも記載してますが、改めて実感しているところになります。

メリット

たくさんの本が薄っぺらい端末一台に

お気に入りのKindle本が数十冊あるのですが、それを常に持ち歩くことなんてできませんよね。kindle paperwhiteであれば、数千冊の本が入りますし、ネットにつないでいる状態なら、いつでもダウンロードして読むことができます。
実は自分のKindle端末には常時100冊も入っていません。一度購入してしまえば、いつでもダウンロードして読めるということもありますが、自分の場合は、大部分が読み放題サービス「kindle unlimited」対象の本を読んでいるからで、このサービスはMAX10冊しか登録できませんからね。
実際はその10冊を毎日入れ替えして、数百冊レベルは読んでいます。

紙の本を読んでいる感覚。目に優しい。

スマホやタブレットだと、明るすぎる光(太陽光)などの下では、非常に読みにくいです。Kindle端末に用いられている技術「e-inkスクリーン」によって、明るくても紙の本のようにしっかり文字が見えます。
また、長時間読んでいてもスマホやタブレットのような疲労感は比較的少なく感じます。
さらにKindle paperwhiteなら、夜暗いところでも優しいバックライトで読めるのが便利!ベッドの上で寝る前の読書習慣にも快適!

子供にも使える

kindle端末できちんと制限をかけておけば、インターネットも見れないし、自分で本も購入ができません。子供に読ませたい本を購入して配信しておけば、子供の勉強用としても使えます。
※タブレットやスマホだと、どうしても他の操作、動画やゲームができてしまい集中ができませんからね。勉強どころでなくなります(笑)

デメリット

ブラウザが使いにくい

もともとインターネットのコンテンツは、PCやタブレット、スマホ用に作られていて、電子書籍リーダ用としては作られていません。
またKindle端末に入ってるブラウザもさくさく動かず使いづらいです。ネットはスマホで見ましょう!

雑誌や写真集は読みにくい

写真がはいっているもの、特に雑誌や写真集は、端末自体がモノクロなのと画面サイズが小さいので、非常に読みにくいです。更に、雑誌の方は電子辞書が効きません。
雑誌はある程度画面サイズがあって、カラーサイズのタブレット「Kindle Fire」の方が断然使いやすいと思います。

端末認証機能が弱い

最近のPCやスマホにあるような生体認証(指紋や顔認証)はありません。まあこの値段で付けること自体無理がありますが。その辺は割り切りです。
ただ、盗難・紛失があった場合のために、しっかりパスワード認証しましょうね。

Kindle paperwhiteを安く購入するために

キャンペーン情報つきモデルを購入する

paperwhiteには、「キャンペーン情報つきモデル 」と「キャンペーン情報なしモデル」があります。何が違うのかというと、
「広告が表示されるかどうか」の違い。ただ、表示されるのは書籍を読んでいる時には表示されないので、自分としてはあまり鬱陶しい感じはなかったです。2000円くらいの違いなので、やっぱり安く買いたいという方は「キャンペーン情報つきモデル」がおススメです。

セット販売品を購入

kindle paperwhiteを購入するときに、他に欲しくなるのは、下記の3点。
・本体カバー
・USB充電器
・液晶保護フィルム
実はカバーなどはお気に入りのデザインのものを探して、購入するのが楽しみの一つですが、そんなにこだわらないようであれば、セット品購入を選ぶのもお得に購入できる方法です。
別々に購入するより1500円くらいお得です。↓

プライム会員に入ってから購入

Kindle paperwhiteを購入するなら、プライム会員に入ってからじゃないと勿体ないです。私が購入した時は限定クーポンでの割引がありました。今はプライム会員向けに限定セールなどを実施しているようです。
あとプライム会員の特典として、「Kindle オーナーズライブラリー」というのがあり、Kindle端末を持っている方は対象タイトルの中からお好きな本を1冊読むことができます。
これだけでもプライム会員費は元が取れてしまいますね。
Amazonプライムにご加入で、Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちのお客様は、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料でお読みいただけます。
Amazon紹介ページより引用

まとめ

・Kindle端末は書籍リーダとしては最高だが、雑誌には適さない
・Kindle端末の中では「paperwhite」が価格、機能的にバランスがいい
・購入するならプライム会員に入ってからが断然お得
読書好きなら「Kindle Paperwhite」を買って損はないでしょう。逆にKindle端末を手に入れることが読書好きになるキッカケかもしれませんね。
読書は最高の自己投資と言われていますので、Kindle端末&Kinde unlimitedで最高の読書習慣を身につけましょう。