Kindle端末買ったら覚えておこう基本的な使い方・操作方法

kindle端末の基本的な使い方 Kindle

↓Kindle端末を最大限活用したい方におススメ↓

あなたは電子機器を使う前にマニュアルをしっかり読む派ですか、それともとりあえず使ってみる派ですか?

僕は完全にとりあえず使ってみる派です。分からなければマニュアルをちょっと見るくらいですかね。

KindleのマニュアルはKindle端末にデータとして保存されていますので、まずは直感的にすすめるしかありません。しかもちょっと記載が多すぎる~!読む気が失せてしまいます。

というこでなんとなく触って試行錯誤しつつ、時間をかけて操作できるようになったのですが、簡単なポイントさえ押さえておけば、十分つかえますので、基本的な使い方・操作方法をNoteします。

覚えておきたい基本動作

Kindle端末自体、それほど機能は多い感じではありませんが、全て知っておく必要はありませんし、これからご紹介する内容でほぼ使えます。

  1. 電源を入れる・切る・スリープモード
  2. 読みたい本を購入する
  3. 読む本を選択する
  4. 本を読む
  5. 本のページを移動する
  6. しおり(ブックマーク)を挟む
  7. 端末の明るさを調整する

それでは順番に見ていきます。

Kindle端末の電源を入れる・切る・スリープモード

端末は僕のお気に入りの「kindle paperwhite」です。

Kindle端末電源ボタン

Kindle端末の電源を入れるには、上記画面の端末の底にある「電源ボタン」を押します。

Kindle端末の電源をオフにするには、「電源ボタン」を7秒間押し続けます。

そうすると電源のダイアログが表示されます。

 「キャンセル」「再起動」「電源オフ」

を選択できますので、「電源オフ」にします。

Kindleのスリープモードは、静止状態のスクリーンセーバーが表示されバッテリーを消費しないのです。数分間使用しないと、自動的にスリープモードになりますが、手動でもできます。方法は「電源ボタン」を短く押す。解除も短く押すです。

僕はスリープモードは電源が消費されないので、普段読まないときは電源は落とさずスリープモードにしておくだけです。

読みたい本を購入する

Kindle端末から本を購入する場合は、画面上部のメニューから選択していきます。本を読んでいる場合などで、下記画面が表示されていない場合は「画面左上」をタップしてみてください。

Kindle端末ストアボタン

ストアボタンをクリックします。

Kindleストア画面

本のメニューが表示されるので、購入したい本をクリックします。

Kindle端末 本購入画面

本の購入ボタンが表示されますので、購入ボタンを押します。もし対象の本が「kindle unlimited(読み放題対象)」の場合は、「読み放題で読む」を選択します。これで購入完了です。

読みたい本を選択する

Kindle端末に入っている本を読む場合は「マイライブラリ」から読みたい本を選択します。

Kindle端末マイライブラリ

「ホーム画面」ボタンをタップします。

Kindle端末マイライブラリ

画面上に先ほど購入した画面が表示されていますが、一覧で見る場合には、「マイライブラリ」を選択します。

マイライブラリの一覧

マイライブラリの一覧が表示されますので、読みたい本をタップします。

本を読む

とりあえず下記の基本操作さえ覚えておけば、本は読めます。

Kindle端末を読む

①次のページに進みます。

②前のページに戻ります。

③ツールバーを表示します。

意外と③のツールバー表示のエリアが分からず、最初のころはいろんなところを押してみたりしてました。ちゃんと領域(ページの上部)がきまってますので、覚えておきましょう。

本のページを移動する

本の中の移動のしやすさは、紙の本にはかないませんが、そんなに難しいものではありません。やり方は「PageFlip」「移動」の二つの方法があります。

PageFlip機能

PageFlip機能は、読んでいるページはそのままで、ほかのページをパラパラとめくる感覚でプレビューし、読みたいところがあればそこに移動する機能です。ツールバーを開き、画面下に表示されているアイコンをタップします。

 

Kindle端末PageFlip

タップすると、下方に表示されたバーをスクロールすると同時に、ページのコンテンツがプレビューされます。読みたいと思ったら、そのコンテンツをクリックします。

Kindle端末 PageFlip移動画面

「移動」機能

画面上部にツールバーを表示させ、「移動」をタップします。

Kindle端末ツールバーより「移動」選択

 

押すと目次が表示されますので、読みたいところをクリックします。

 

ブックマークを登録する

本をまた見返したいときのために、大事なところは付箋やしおりを挟んだりしますよね。
※Kindleの場合、前回どこまで読んだかは覚えていてくれるので、そういう意味でつかう「ここまで読んだしおり」は必要ありません。

ブックマークの登録方法

ブックマークを登録したい場合は、画面右上の隅の方をタップします。そうするとしおりの表示の下に「+」が表示されますのでタップします。これでブックマーク登録となります。

kindleブックマーク登録

 

ブックマークの移動・削除方法

画面右上をクリックすると、登録されているブックマークの一覧が表示されますので、見たいページをタップします。

そうするとプレビュー画面がでてきますので、内容が見たいページであれば、そのプレビュー画面をタップします。

kindleブックマーク移動

ブックマークを削除する場合は、削除したいページを選んで、プレビュー画面を確認後「x」ボタンをタップします。

Kinde端末を最大活用するために

プライム会員なら「Kindleオーナライブラリー」を使う

プライム会員であれば、Kindle端末をお持ちの場合、対象の本からお好きなものを月に1冊読むことができます。毎月1冊読むことで、大体1~2年でKindle端末の購入費のもとは取れてしまいますね。

 

Kindleオーナーライブラリー(プライム会員特典)活用してますか?対象本の探し方など
プライム会員のみなさん、『kindleオーナーライブラリー』って活用してますか?kindle端末を買う前に、プライム会員になったのなら、サービス自体知らないかもしれません。Kindle端末を持っている方が受けられるメリットですからね。...

プライム会員なら「Prime Reading」を使う

「Prime Reading」は対象の本や雑誌などが、追加の料金無しで読み放題で読むことができます。

対象となっている本はちょっと物足りない感じですが、プライム会員なら追加料金なしで読むことができますので、使わないともったいないです。

 

アマゾンが『prime reading』サービス開始。Kindle unlimitedとの違いは?
アマゾンがプライム会員向けのサービスとして、新たに『prime reading』という名の本の読み放題サービスを始めました。プライム会員のサービスがどんどん増えていきますね。読み放題サービスといえば、『kindle unlimied...

 

読み放題サービス「Kindle Unlimited」を利用する

Kinde Unlimitedは、月額980円で豊富な対象本や雑誌から好きな本を読み放題で読むことができます。対象本の数はPrime Readingと比べて圧倒的に多いです。

オーナーライブラリーやPrime Readingだけで、物足りないか感じであれば、「Kindle Unlimited」がおススメですね。ちょっと読書中毒になってしまう恐れもありますが。無料体験もできますので、興味のある方はまずはお試しから。

 

「Kindle Unlimited」月額価格980円はお得なのか徹底レビュー!
Amazonの本の読み放題サービス「kindle unlimited」に入って8か月が過ぎました。これまで全然サービスを十分に受けずに月額会費を無駄に払ってきたものがたくさんあるので、きちんと継続すべきかチェックしないといけ...
読み放題サービス「Kindle Unlimited」がお得すぎて読書病になりました!
動画配信サービスや、音楽配信などの定額サービスがどんどん出てくる中、本の読み放題サービスもついに出てきました。個人的には雑誌の読み放題サービス「dマガジン」もかなりお得で、そちらも合わせて契約しているのですが、サービスがお得すぎて、どちら...

まとめ

Kindle端末、最初は操作に戸惑うかもしれませんが、操作方法は至ってシンプルです。下記イメージ要最低限知っておいてほしいことをまとめました。

kindle基本操作

まずはこれだけを覚えて、素敵な読書ライフを楽しみましょう!

プライム会員なら「オーナライブラリー」「Prime Reading」をうまく使って、Kindleに慣れていきましょう。さらに読書を沢山される方は、読み放題サービス「kindle unlimited」を活用すれば、本代も安く抑えられますよ。