月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」はこちら >

Gmailの署名機能は最初に設定しておきましょう!

スポンサーリンク
Gmail

手紙に差出人の署名、住所、連絡先を入れるのが当たり前のように、電子メールも署名を付けほうが親切ですね。

特にビジネスシーンにおいては、署名なきメアドから飛んできた場合には、もしかして礼儀無し?なんて思われてしまうでしょう。

送られてきたメール内容について具体的に電話確認したいのに、署名が入っておらず電話がかけられないなんて、ちょっとイライラしちゃいますよね!

というわけでメールには署名をしっかりつけておきましょう。

今回は、Gmailのつけ方をご紹介しますね!

スポンサーリンク

署名の設定方法

Gmail画面より、右上のギアボタンをクリックします。メニューが表示されるので「設定」をクリックします。

Gmail署名設定

画面をスクロールすると「署名」の設定画面が表示されますので署名文を入力します。画面上段にテキストの装飾の設定ボタンがありますので、必要に応じて使います。

gmailの署名入力画面

設定は以上となります。

スポンサーリンク

署名の確認

設定が完了したところで、実際にちゃんと署名が入るか確認しましょう。

メールの新規作成ボタンを押すと、本文を書く領域の下に自動的に表示されていますね。

Gmailの新規作成時の署名確認画面

これでテストは完了です。

いやいや、よく見ると「–」と署名の上に入っているのが気になりますよね。

ではとっちゃいましょう!

署名の設定画面のところで、

「返信で元のメッセージの前にこの署名を挿入し、その前の「-」行を削除する。

にチェックをいれます。

Gmail署名設定画面

設定保存後、新規作成をもう一度行うと、

Gmail署名 テスト確認

赤囲いの部分「–」がなくなりました。

スポンサーリンク

まとめ

Gmailを利用する際には、アカウントを作成したタイミングで署名の設定をぜひ最初に行っておきましょう。

Gmail
スポンサーリンク
hayatoをフォローする
finderks.com