月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」はこちら >

水を飲んでお肌の若返り!その絶大な効果とは?

スポンサーリンク
水 anti-aging

昔は水を持ち歩くことはあまりしませんでしたが、ペットボトルが飲料水として登場してから多くの人が携帯してますよね。

子供たちも学校に行ったり、遊びに行ったり、どこに行くにしても水筒持参で。ちょっと面倒なんじゃない?

と思ったりしますけど。

有名なんモデルさんたちも一日にたくさんの水を飲んでいるという話をよく聞きますし、調べてみると絶大な効果があるようです。

水はそんなに高くもないですし、基本、飲まずには生きていくことはできませんから、すこし気をつけるだけで習慣化できそうです。

 

スポンサーリンク

水は生きていくには必要不可欠

当たり前なのですけど、我々が生きていくのに「水」は欠かせません。

人間は水無しで生きれる日数は、だいたい「三日」くらいと言われてます。意外と短いんですね。
ですが、その人の状態にもよりますが、食事を抜いても、水さえ飲んでいれば「1か月」くらいは生きられるそうです。

ご自分がどれくらい生きれるかは、「ぽちのダイエット研究所」で簡単に調べられますので、ぜひ試してみてください。

制滅、身長、体重、体脂肪率などを入力すると、「水だけで生き延びれる日数」が計算されて出てきます。

ちなみに私は「26日」でした!一か月持たないそうです。

※少し入力値を変えて、体脂肪率を倍くらいに太らせてみました。そうすると「54日」

太っている方が長く生きれそうです。

人間の体内を占める水分の割合は成人であれば6割くらいだそうです。

※子供は7割、お年寄りは5割近くになるので、年齢によっても違いがあります。

その機能には、消化、吸収、循環、唾液の生成、栄養素の輸送、体温の維持など、人間が生きていくため重要な役割を果たしています。

 

スポンサーリンク

水を飲むことによる5つのメリット

1.代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなる

水を飲むと冷たいものが体内に入るので、それに反して体温を上げようとします。

それでエネルギーを消費することになり、代謝が上がるというわけです。結果、脂肪燃焼にもつながります。

 

2.ダイエット効果

お水をたくさん飲むと、おなかが膨れますよね。それで満腹感が得られることにより、食べることを抑えることに繋がります。

また、ジュースなどの高カロリーの飲料に変えて水を飲めば、カロリーコントロールがしやすくなり、結果、ダイエットにつながるわけです。

 

3.美肌になる

水はお肌を良好な状態に保つのをサポートします。お顔のカサカサ感やしわは水分不足からくるものです。

水分をとることで、お肌に水が浸透して、しっとりした弾力のある肌になっていきます。ただ水分が過剰になると、腎臓が体液を排出するよう機能します。

 

4.血液がきれいに

水分が足りないと血液はだんだんドロドロしていきます。

そうすると、腎臓病や、高脂血症などの病気にもつながってしまうわけです。

水分をしっかりとっていれば、血液はサラサラな状態になってきますので、病気の予防にもなります。

水を飲んで血液をきれいな状態に保ちましょう。

 

5.便秘の改善

水分不足になると、便がかたくなり、便秘になりやすくなります。

水分をたくさんとることで、腸が刺激されますし、便もやわらかくなり、便秘が改善します。

 

スポンサーリンク

どれくらいの水を飲めばよいのか?

水分も一つの「栄養素」として考えてみてください。

毎日大量に失われる水を、良質な状態なものと循環させる必要があります。

飲む量としては、基本的には体から出て行く分を飲めばよいかと思います。

おおよそ2~3リットル。

ただし一度に飲むと腎臓に負担をかけてしまうので、コップ一杯程度を何回かに分けて、飲むのが良いでしょう。
200ccなら、10回くらいに分けて、飲みましょう。

 

スポンサーリンク

水の飲むタイミング

1.朝起きたタイミングで

 寝ているときに汗などで水分をたくさん失っている状態なので、水分補給しましょう。胃腸が刺激され、快便にもなります。

2.食事をとる前

 満腹感も促進するので、食べる量も減りますね。また、食べ物を消化しやすくなります。

3.運動した後

 運動した後も、汗でたくさんの水分を失っているので、補給してあげましょう。

4.入浴の前と後

 同じく入浴中も、たくさんの汗をかいて水分不足になるので、補給してあげましょう。水を飲むと発汗を促すことになるので、デトックス効果も高まります。

5.就寝前

 寝る前に飲むととで、睡眠中の水分不足が軽減されます。

ということで、タイミングはたくさんあるので、コップ一杯飲むという癖をつけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

どんな水がいいの?

水はいろいろありますようね。いい水ほど高い傾向にあります(笑)水素水は、水素と活性酸素が結合することで、高いアンチエイジング効果が望めます。
ただし、ちょっと高め。たくさん飲むのであれば、家庭内に水素水サーバを買うのもよいと思います。

炭酸水は、個人的には満腹効果が結構効くと思います。ビールをたくさん飲むとおなかが一杯になりますよね。

あの感覚です。ハイボールにも使えますし(笑)たくさんストックしておくといいと思います。
あとは普通のお水ですが、水道水では不安もありますので、「質の良いのミネラルウォーター」を買いだめして飲みましょう。

いろんな地域の水を飲むのも楽しみが合ってよいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ 

まとめると、

  • 人間の体のおおよそ6割は水でできており、その水を良好に循環させることが不可欠
  • 水を飲むことで、ダイエット、肌質の改善などアンチエイジングにも期待できる
  • 適切なタイミングで水を飲むことを習慣化し、目安として2リットル飲みましょう

となります。ぜひ、日常生活に取り入れていきましょう!